INTERVIEW

社員インタビュー

1日の業務内容やJTB西日本に入社した動機、仕事に対する想い、将来のビジョンなどを聴きました。
お客様に対して、会社に対して、仲間に対して、大切にしているそれぞれの熱い想いをお伝えします。

1日の業務内容やJTB西日本に入社した動機、仕事に対する想い、将来のビジョンなどを聴きました。
お客様に対して、会社に対して、仲間に対して、大切にしているそれぞれの熱い想いをお伝えします。

INTERVIEW 006
ソリューション事業 地域交流営業
大阪中央支店 秋山 陽子 ダイバーシティ

多様な働き方を尊重する風土がある会社だからこそ、仕事を続けていきたいというモチベーションにつながっていると感じています。

  • キャリア・担当している業務内容
     2004年に入社、神戸三ノ宮支店、本町支店にて店頭営業を6年半担当し、2010年より大阪中央支店にて現職の地域交流営業を担当しています。
     店頭営業時代には、旅行業の基礎知識や商品知識、お客様との応対方を学ぶことができ、その経験は現在の職務の土台となっていると感じています。
     現在の業務は、各自治体様の観光振興計画策定や、イベント・モニターツアーに関する企画・広報・運営など多岐にわたります。
    それぞれの案件で課題や手法が異なり困難も多いですが、様々な分野の業務を通して見聞が広がり、多くの知識・ノウハウを得ることができます。その知識・ノウハウは着実に次の業務に役立ちますので、自身の成長がお客様のより良い課題解決につながることにやりがいを感じています。
  • JTBでの働き方
     2012年4月に出産し、産休・育休を取得後、2013年5月に職場復帰しました。現在は短時間勤務制度を利用しています。
    出産するまでは、社の産休・育休制度や短時間勤務制度についてほとんど知識がありませんでしたが、実際に制度を利用して感じることは、出産などのライフイベントを経ても仕事が続けられるよう社内制度が整備されており、また職場においても上司・同僚・後輩などの周囲の理解・協力があり、その制度をきちんと活用することができています。
    限られた時間内の勤務ですので、職場の周囲の方にサポートしてもらう部分も多く申し訳ないと感じることも多々ありますが、「短時間勤務だからできない」と考えるのではなく、「短時間勤務だからこそ誰よりも効率的に仕事をこなそう」と日々工夫して取り組んでいます。限られた時間でここまではやりきると決めて取り組む緊張感の中で働き、帰宅後は家事・育児と目まぐるしい毎日ですが、多様な働き方を尊重する風土がある会社だからこそ、仕事を続けていきたいというモチベーションにつながっていると感じています。
  • メッセージ
     現在社内には、私と同じ短時間勤務制度を利用している先輩や、子育てを経て管理職として活躍している女性上司など、ワークライフバランスを実現している社員がたくさんいます。出産・介護など様々なライフイベントに合わせた働き方への社内の理解が進んできていると感じています。
    明確な意欲・目標を持って、仕事と真摯に向き合っていれば、自ずと多様な働き方への選択肢・機会が広がり、周囲の理解や支援も得られると思います。ライフイベント時にキャリアを諦めるのではなく、ライフイベントを経た自身の成長を、その後のキャリアに活かす好循環を生み出せるよう、私自身も常に向上心を持って日々努力していきたいと思っています。
backtop