• ホーム
  •  > ニュース
  •  > 訪日外国人専用観光案内所 新サービスのご案内 ①余った現金を自国の電子マネーに交換 ②手ぶら観光サービス ③女性向けフリーマガジン配布

NEWS

ニュース

JTB西日本が発信しているニュースを発表日順に掲載しています。
JTBグループの各社が発信しているニュースリリースはこちらをご覧ください。

JTB西日本が発信しているニュースを
発表日順に掲載しています。
JTBグループの各社が発信しているニュースリリースは
こちらをご覧ください。

2017.12.22新商品
訪日外国人専用観光案内所 新サービスのご案内 ①余った現金を自国の電子マネーに交換 ②手ぶら観光サービス ③女性向けフリーマガジン配布

JTB西日本が運営する「関西ツーリストインフォメーションセンター(KTIC)」では、年間約77万人(4箇所計)の訪日客にご利用いただいており、日本での滞在をさらに便利に楽しんでいただくための新しいサービスを始めています。サービスの概要をご紹介いたします。

◆旅行で余った現金を自国の電子マネーに交換!「ポケットチェンジ」(KTIC大丸心斎橋)

ポケットチェンジ
海外旅行の際に現地通貨を使い、帰国時には手元に再両替ができない硬貨や少額の紙幣が残ってしまった、という経験をされた方は多いのではないでしょうか。
その余った外国硬貨・紙幣を自国で使える電子マネーなどに交換できる専用キオスク端末「ポケットチェンジ」を12月22日(金)からKTIC大丸 心斎橋に設置します。
訪日客だけでなく、海外旅行で余った外貨をお持ちの日本の方もご利用いただけます。

対応通貨:米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円
対応言語:日本語、英語、中国語(繁体字/簡体字)、韓国語
交換サービス:WAON、楽天Edy、Amazonギフト券、LINEギフトコード、WeChat(微信)、楽天スーパーポイント(「台湾楽天市場」でのみ利用可能)など約20種類
※「WAON」はイオン株式会社の登録商標です。
※「楽天Edy」は楽天グループのプリペイド型電子マネーです。

◆手ぶら観光サービス(KTIC大丸心斎橋、KTIC京都)

訪日客は大きな荷物を持ったまま観光をしたり、空港や宿泊施設から次の宿泊施設へ移動したり、荷物の煩わしさに不便な思いをしているのが現状です。こうした課題を解消し、訪日客に手ぶら観光の快適さと自由な時間を提供するサービスです。

①手荷物一時預かりサービス
滞在中の観光やショッピングをより楽しんでいただくために、手荷物一時預かりサービスを 行っています。荷物のサイズではなく個数あたりの定額料金(500円)です。小さいお荷物はまとめて入れる箱をご用意しており、その中に入ればお荷物お一つとして数えますので、お買い物後に預けに来られるお客様に好評です。

②ホテルへの手荷物当日配送サービス
KTIC大丸心斎橋では大阪市内のホテルへ、KTIC京都では京都市内及び大原地区のホテルへの手荷物当日配送サービスを行っています(1個1,000円)。KTIC大丸心斎橋では、来春から関空への当日配送サービスも実施予定です。

また、KTIC京都では京都市が1月1日(月・祝)~3月21日(水・祝)の期間に実施する『「歩いてこそ京都」てぶら観光キャンペーン』にも参画します。期間中、下記のキャンペーン紹介ページ、または「京の冬の旅ガイドブック」を受付窓口で提示すると特別価格(1割引き)でご利用いただけます。

③中国・香港・台湾への国際配送サービス(KTIC大丸心斎橋)
KTIC大丸心斎橋では、日本で購入された商品の中国、香港、台湾への配送サービスを行っています(購入したレシートが必要)。お客様はiPadもしくはご自身のスマートフォンで配達先などの必要事項を入力するだけ(約5分程度)ですので、手続きは簡単です。
「京都観光Navi」キャンペーン紹介ページはこちらから

◆訪日外国人女性向けフリーマガジン「Kansai chan」配布開始

インバウンド消費のマーケットリーダーともいれる東アジアの20代~30代の訪日女性向けに、日本の企業や自治体と訪日女性とのコミュニケーションを創造するメディアとして、フリーマガジン「Kansai chan」を2017年11月に創刊しました。KTIC4店舗[関西空港(第1ターミナル・第2ターミナル)、大丸心斎橋、京都)で配布しています。
中国版「mina」のモデル経験があり、約160万人のフォロワーがいるインフルエンサー「Kiko(キコ)」とタイアップし、中国人女性の視点でも情報を発信しています。

掲載内容:関西の観光・グルメ・ファッション・美容情報
発行部数:10万部
言語表記:多言語併記(英語・中国語繁体字・韓国語)
仕  様:B5判/64ページ/オールカラー
関西ツーリストインフォメーションセンターHPはこちらから

JTB西日本は、KTICの訪日外国人旅行者とのタッチポイントという強みをいかし、旅行者のニーズを素早くキャッチし、様々な事業者様との連携により旅行者が求める商品・サービスを開発・提供することで、関西エリアの訪日外国人旅行者数と消費額拡大の一助となるよう取り組んでまいります。

印刷をご希望の方はこちらをご利用ください

backtop