• ホーム
  •  > ニュース
  •  > 道頓堀商店会とJTB西日本が なにわの食とエンタメ観光を推進! 「食とエンターテイメントのまち・道頓堀」発展に向けて エリアマネジメント連携協定を締結

NEWS

ニュース

JTB西日本が発信しているニュースを発表日順に掲載しています。
JTBグループの各社が発信しているニュースリリースはこちらをご覧ください。

JTB西日本が発信しているニュースを
発表日順に掲載しています。
JTBグループの各社が発信しているニュースリリースは
こちらをご覧ください。

2017.10.26その他
道頓堀商店会とJTB西日本が なにわの食とエンタメ観光を推進! 「食とエンターテイメントのまち・道頓堀」発展に向けて エリアマネジメント連携協定を締結

道頓堀商店会(会長:上山 勝也)と株式会社JTB西日本(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:光山 清秀)は、大阪最大級の観光集客拠点である道頓堀を世界に誇る観光地へと発展させるため、観光の視点から街全体の価値を高める取り組みを行う「エリアマネジメント(※1)分野の連携に関する協定」を10月26日(木)に締結します。

 道頓堀商店会は、2015年に道頓堀川開削400年を迎えたことをきっかけに、100年後も「なにわの文化発信基地」として賑わい続けるためのまちづくりプラン「道頓堀500(ごーまるまる)」を制定しました。その中で、「品格のあるまちの維持」や「“エンターテインメントのまち大阪”の象徴であり続けること」などのまちづくり方針を掲げ、取り組んでいます。
JTB西日本は、地域ならではの魅力を掘り起こし、国内外に“本物の日本の魅力”を伝えることにより、交流人口の拡大と豊かな地域づくりへの貢献に取り組んでいます。

両者は本連携協定により、歴史ある道頓堀の「食とエンターテイメント」を現代の観光の視点から磨き上げ、道頓堀全体を“テーマパーク”と捉えて、その魅力開発、利便性向上、エリアのブランド価値向上のための連携事業を行います。また、来春にはノンバーバル(非言語)・ライブエンターテイメント「道頓堀presents フードミュージカル Gotta」(主催:道頓堀ZAZA)が道頓堀ZAZA(大阪市中央区道頓堀1-7-21中座くいだおれビル内)で公演開始されます。国内外のお客様が昼夜ともに楽しめる道頓堀発の新たな観光コンテンツとして、道頓堀商店会とJTB西日本も連携して協力し、なにわのエンタメ文化の振興に寄与してまいります。
(※1)エリアマネジメントとは・・・特定のエリアを単位に、民間が主体となって、まちづくりや地域経営(マネジメント)を積極的に行おうという取組み(内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部ホームページより)
「道頓堀presents フードミュージカル Gotta」についてはこちらから

1.エリアマネジメント連携協定の概要

以下の事項について連携を図り、具体的な取り組みを実施します。
①道頓堀の魅力づくり・ブランド価値向上
②来訪者が安心・快適に過ごせるための受入環境の整備
③道頓堀のイメージ・情報発信力の強化
④その他両者の協議により決定した事項

2.取組み事項

(1)2018年度より実施予定の取組み事項
まずは、国内のお客様を対象に「食とエンターテイメントのまち道頓堀」の文化的価値を体験できる旅行商品を販売します。観劇体験のきっかけ作りや理解促進をはかり、道頓堀ファンの拡大を目指します。

①エースJTB「道頓堀お笑いLIVE観覧券」(新設)<個人旅行向け>

角座(外観イメージ)
道頓堀ZAZA及びDAIHATSU MOVE道頓堀角座(大阪市中央区道頓堀1-4-20)で開催されている、若手芸人によるお笑いライブを「エースJTB」対象商品利用のお客様は観覧いただけます(旅行代金に含まれます)。
◆対象:2018年4月1日~2019年3月31日に「エースJTB」対象商品を利用し大阪方面に宿泊のお客様

②JTB「道頓堀エンタメ満喫クーポン(新設)」<個人・団体旅行向け> 

「フードミュージカル Gotta」の観劇券と、飲食・物販店のおもてなし券がセットになった、道頓堀で“食べる・観る・買う”を満喫できるクーポンを設定し販売します。これには、「道頓堀ワンスモア・きつねうどん宅配サービス」「巾着袋に飴ちゃん詰め放題」など、道頓堀の店舗をハシゴしたくなるオモロいプランが満載です。
◆対象:2018年春期(※2)~2019年3月31日にJTB対象商品を利用し大阪方面に宿泊のお客様
(※2)設定開始日は4月末~5月上旬を予定、1月上旬発行のパンフレットに記載、2018年1月26日(金)発売開始

③JTB地域交流商品「地恵のたび 道頓堀(新設)」<団体旅行向け>

法善寺横町の水かけ不動産(イメージ)
 地域資源を活かし知恵と工夫によりまちおこしに成功した地域を訪れ交流を行う団体旅行商品「地恵のたび」シリーズ(※3)に、「道頓堀」コースを新設します。修学旅行などを対象に、道頓堀のエンタメ体験に加え、観劇文化の再興に取り組む商店会の方々との交流を通じ道頓堀への理解を深め、未来のリピーターづくりに繋げます。
◆コース概要:
若手芸人の案内による道頓堀のまちあるき(巨大看板めぐり・法善寺横丁・浮世小路・角座など)→商店主・まち案内人などによる講演→ZAZAにて「フードミュージカル Gotta」観賞
◆所要:約3時間
◆設定期間:2018年春期(※4)~2019年3月31日
(※3)ツアーグランプリ2011において「国内旅行部門グランプリ」を受賞
(※4)設定開始日は2018年4月末~5月上旬を予定

(2)今後の取組み事項

①国内外の旅行客が安心・快適に過ごせるための受入環境の整備
・日本人・外国人のお客様が安心してナイトライフを楽しめる体験プログラムの開発や情報発信
・外国人客の言語によるコミュニケーションストレス軽減と店舗の受入負担軽減のための多言語サービスやスマートフォン決済システムの導入 など

②道頓堀のブランド向上や発信力強化、持続的活動に向けた取組み
・道頓堀を舞台としたパーティーや交流会、新商品発表会などを行う「道頓堀ユニークベニュー」の開発と販売
・道頓堀商店会主催・共催イベント(「道頓堀川万灯祭」「道頓堀盆おどりインターナショナル」「道頓堀川面舞台」「今宮戎神社十日戎宝恵駕(ほえかご)行列」など)の更なる活性化
・道頓堀ブランド価値向上に資するイベントの開催 など
その他、本連携協定に基づき、道頓堀エリアの価値向上に資する様々な連携事業を展開します。

印刷をご希望の方はこちらをご利用ください

backtop