• ホーム
  •  > ニュース
  •  > 2025国際博覧会の大阪・関西誘致を応援します~関西国際空港で万博誘致プロモーション活動を実施~ ①ウイングシャトル ②訪日外国人向け観光案内所

NEWS

ニュース

JTB西日本が発信しているニュースを発表日順に掲載しています。
JTBグループの各社が発信しているニュースリリースはこちらをご覧ください。

JTB西日本が発信しているニュースを
発表日順に掲載しています。
JTBグループの各社が発信しているニュースリリースは
こちらをご覧ください。

2017.07.06イベント
2025国際博覧会の大阪・関西誘致を応援します~関西国際空港で万博誘致プロモーション活動を実施~ ①ウイングシャトル ②訪日外国人向け観光案内所

株式会社JTB西日本(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:光山清秀)は2025日本万国博覧会誘致委員会のオフィシャルパートナーとして、大阪・関西への人流拡大と活性化を図ることを目的に、国際博覧会を大阪・関西へ誘致するプロモーション活動を関西国際空港(以下、関空)で実施します。

関空の総旅客数は年間2,571万人を超え、アジアを中心とした訪日外国人旅行客の利用も年々増加しています。また、JTB西日本が運営する訪日外国人旅行者専用の観光案内所「関西ツーリストインフォメーションセンター関西国際空港(以下、KTIC関空)」は、年間50万人以上の利用者に観光情報や旅行サービスの提供を行っています。JTB西日本は関西の玄関口であり国内外の人々が行き交う関空で以下のプロモーション活動を行うことにより、大阪・関西への万博誘致の機運醸成を図ります。

1.関西国際空港ウイングシャトルでの万博誘致プロモーション

関空ウイングシャトルは旅客ターミナルビルと南北ウイング間を移動するために旅客が利用する交通システムです。このシャトル車両内に「2025国際博覧会を大阪・関西に!」と謳った広告を掲出し、車両外の側面に万博誘致ロゴマーク入りの応援メッセージを掲載します。
●実施期間:
 車内ポスター掲出 2017年7月1日(土曜日)から
 車体ラッピングへのロゴ掲出 2017年7月7日(金曜日)から

2.関西ツーリストインフォメーションセンター関西国際空港 「七夕フェスティバル」での万博誘致プロモーション

訪日外国人の旅行志向がモノ消費からコト消費へ移行してきているなか、「日本の文化を体験したい」というニーズも増えてきています。KTIC関空では7月6日(木)・7日(金)に「七夕フェスティバル」を開催し、世界各国からご来場のお客様が浴衣の試着や七夕飾りなどを体験する機会を設けます。当イベントにおいて訪日外国人旅行者に対しても万博誘致のプロモーションを行います。

●実施日時:2017年7月6日(木)・7日(金) 7:00~22:00
●実施場所:関西国際空港 第1ターミナルビル1階中央
「関西ツーリストインフォメーションセンター関西国際空港」

●実施内容:
①七夕飾りの体験(短冊に願いごとを記入し笹に飾る)
②浴衣の試着と写真撮影(お客様のカメラで撮影)
③日本の伝統的おもちゃの展示(けん玉、コマ、お手玉、万華鏡など)とけん玉体験
④12歳未満のお子様にカプセルトイ(食品サンプルのキーホルダー入り)をプレゼント(先着60名)
●万博誘致プロモーション:
①KTIC関空内モニターでの万博誘致プロモーション映像上映
②場内でのポスター掲示、チラシ配架 
③上記取組のSNS等での発信

印刷をご希望の方はこちらをご利用ください

backtop